積木

快適に暮らせる住まい作り|限られた範囲で作る狭小住宅

便利な都心で戸建てに住む

住宅

狭さを感じさせない工夫

狭小住宅という言葉はずいぶん以前から存在しますが、かつては狭くて住みづらい家という、どちらかというとネガティブなイメージがありました。しかし現在では、コンパクトで無駄のない住空間として、積極的に評価されるようになっています。狭小住宅とは、敷地面積がおおむね50平方メートル以下、もしくは15坪以下の土地に建てられた住宅のことをいいます。一般常識から言えば確かに「狭い」といえますが、地下室や3階建て、螺旋階段の設置といった構造上の工夫により、ファミリーで生活するにも十分な床面積を確保することが可能です。また、内部がコンパクトな分、却って住人同士のコミュニケーションが活発化するといった効用もあります。

生活利便性に高い価値

狭小住宅はスペースを無駄なく活用するさまざまな工夫のために、坪当たりの建設価格が高くなりがちになる点には注意が必要です。しかし、そもそも敷地の狭さゆえに土地価格が低く、固定資産税等も連動して安くなるため、十分に相殺可能です。さらに都市部における狭小地は変形地が多いので、坪単価が近隣の相場よりかなり安いこともしばしばです。資金計画がしっかりしていれば、かなりの低コストで取得が可能です。今も述べた通り、狭小住宅は都市部でマイホームを実現するための手段として適しています。通常の住宅取得を前提とすれば手の届かないようなエリアでも、憧れの一戸建て住宅を手に入れることができます。そこで得られる生活上の利便性は、住宅の狭さを補って余りあります。

歴史好きにおすすめ

部屋

京都では注文住宅で和風建築を建てることが人気となっています。注文住宅なら土間やかまどなどを再現することも可能となっているほか、梁を見せる昔ながらの室内空間もしっかりと再現することができます。外観は和風建築でも近代的なシステムを導入することも可能なので、個人のライフスタイルに合わせた建築が可能です。

もっと読む

永く住み続けるために

内観

大阪の注文住宅は、高い耐久性が大きな魅力です。二世帯住宅や将来の開業に向けて、注文住宅を選択するケースも数多く見られます。注文住宅は資産価値が高い点もメリットとなっており、非常に人気が高いです。

もっと読む

不動産の人気ジャンル

家

大阪市は近畿地方の中でも会社などが多く、駅も発達しています。戸建て住宅の販売も盛んに行われており、分譲住宅などは特に家族向けとして人気のある住宅です。エリアによって価格差もありますのでチェックしておきましょう。

もっと読む